MacBookにハイブリッドHDD

制作ツールをAdobe CS5にアップグレードしてからというもの、使用しているMacBook(Late2007)のスペックが足りないのか、あまりの遅さに悩まされていました。
スピード改善にはSSD化が一番良いとは思うのですが、本体容量を250GB以上には保ちたい私には、まだまだ値段が・・・ということでコストパフォーマンスを期待して「Seagate」のハイブリッドHDDを導入してみました。「Seagate」のハイブリッドHDDは「Momentus XT」というシリーズで展開しており、SSD(SLCタイプ)4GB+とHDDの組み合わせで、HHD側の容量は250・320・500GBのラインナップがあります。
コストは容量からする比較であれば、通常HHDの約2倍、SSDの3〜4分の1といったところでしょうか。
導入にあたっての懸念だったのが・・・

【1】通常2.5インチのHDDより厚みがある(通常9.5mmが9.7mm)ので MacBookに入るのか?
【2】ホントに速いのか?

という所でしたが、【1】は問題なく換装可能でひと安心。
そして、肝心の目的である速度向上 ですが・・

結果、十分体感出来るほど速くなりました!
完全なSSD程速くはないと思いますが、OSとアプリ共に、劇的な速度アップとなりました。
ノート本体に容量を確保しつつ、なるべく低価格で速度向上したい方には、現状ベストな製品ではないでしょうか。
SSDと比べ、あまり話題になっていない製品のようですが 個人的には久々のヒットでした。
↓↓↓
Seagate Momentus XT

← テレビの威力

HTML5 LAB →